大阪市中央区 難波(なんば)の心療内科、精神科、精神療法(カウンセリング)、なんば・ながたメンタルクリニックです。|地下鉄・近鉄線・南海線「難波駅」 19番出口より直結

その7 / 森田先生

社交不安障害SAD(社会不安障害、社会恐怖、あがり症)の治療

森田先生

 日本では、対人恐怖症と言う風にずっと言われてきました。対人恐怖症は、赤面恐怖、表情恐怖、視線恐怖、酬形恐怖、笑顔恐怖、吃音恐怖、体臭恐怖、大衆恐怖などと分類され、それらの呼称が使われてきました。森田正馬先生(もりたしょうま)という偉い先生が研究されたもので、その後、森田療法がよく効くとされ、広まりました。対人恐怖症と社交不安障害SADはよく似ていますが、少し違います。対人恐怖では、赤面したり、振るえたり、お腹が鳴ったり、目を合わせたりすることで、相手に、不快感を与えているという恐怖感にとらわれます(それ以外の症例も含まれますが)。対人恐怖では、何が苦手ということではなく、人を前にいると、どうゆう反応をして、相手がどうかじるかが心配で仕方ない点に主眼がおかれ、診断されます。また、森田先生のいう、「森田神経質」、小さいことにこだわってしまうところが重要視されます。一方、社交不安障害SADでは、赤面するか、どうかではなく、どの様な場面が苦手なのかに主眼をおいた、考え方なのです。

人と会っているときに次のような恐怖感を感じますか。
どれぐらいか印を付けてください。
(◎:その通り、○:まあそうだ、△:いくらか、×:全く違う)

1( )赤面する(赤くなる)のではないかという恐怖
2( )顔が硬くなる、頭、手足、声が震えるのではないか、汗をかいてしまうのではないかという恐怖
3( )身体的な醜さが悟られるのではないかという恐怖
4( )嫌な臭いを発散させているのではないかという恐怖
5( )視線が異様な鋭さ、醜さを発しているのではないかという恐怖
6( )へ(屁)をしてしまうのでないか、お腹の音がひどくするのではないかという恐怖
7( )上記の1~6の自分の反応(例えば、赤面すること、視線、臭い、汗をかく、手が震える)のために、相手を不快に、また、困らせているのではないかという恐怖
8( )上記の1~6の自分の反応(例えば、赤面すること、視線、臭い、汗をかく、手が震える)のために、見られている(注意を集めている)のではないかという恐怖

TKS scale (Nagata et al all right reserved)

その8 / 個人に合わせた治療

診療案内

お気軽にご予約・お問い合わせください。 TEL 06-6645-1455 診療時間以外はメールでお問合せ下さい。

Copyright (c) 2017 Mental Health Clinic of Dr. Nagata, All rights reserved.

診療案内

診療案内

診療科目

■心療内科
■精神科
■精神療法
 (カウンセリング)
■児童・思春期外来

診療日

診療時間
  10:00〜13:00
  15:00〜19:00

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

問診票ダウンロード

所在地

大きな地図で見る

〒542-0076
大阪市中央区難波(なんば) 3-5-8
三栄御堂筋ビル3F
TEL : 06-6645-1455

リーフレット

院長がVTR出演しました

関西テレビ
「スーパーニュースアンカー」にて
社会不安障害について説明いたしました。 (2015/01/19放送)


Copyright © 2017 なんば・ながたメンタルクリニック All Rights Reserved.