大阪市中央区 難波(なんば)の心療内科、精神科、精神療法(カウンセリング)、なんば・ながたメンタルクリニックです。|地下鉄・近鉄線・南海線「難波駅」 19番出口より直結

ご家族の方へ

  • HOME »
  • ご家族の方へ

ご家族の方へ

ご本人の様子を見られて、さぞかし、ご心配をされているものと存じます。本当に心労でしょう。
 ご家族のご相談にも、ご本人の同意を得た上で乗らせていただきます。その、ご本人の同意を得ることが、時間のかかるステップであることもあります。ですが、それは治療を進めていく中で重要なステップの1つです。これを飛ばすと、治療がもっとスムーズに行かなくなります。焦らず、じっくりと取り組みましょう。

摂食障害、ひきこもりのご家族の方に

摂食障害やひきこもりのご家族で、なかなか当人が受診されないでお困りのかたも多いと存じます。本院では摂食障害、ひきこもりのご家族の方に対する心理療法を行っております。その1つは、家族が力動的視点から患者を理解することを助け、投影されてくる病理に振り回されないように対処できるように援助します。もう1つはCRAFTです。
アルコール・薬物使用障害では、当人は何の問題もないと否認し、その行動を改めず、受診・治療を拒否することが一般的です。対立的・直面的(具体的には説教をしたり叱ったり)することが有効ではないことが知られており、底つき(hitting the bottom)という袋小路状態に至るまで安易に助けないこと、突き放すことが重要だとされてきました。しかし、そのような対立的なアプローチよりもCRAFT (Community Reinforcement and Family Training )と呼ばれる心理療法によって、ご家族が「ポジティブなコミュニケーシヨンスキルの獲得し」、「上手にほめて望ましい行動を増やし」、「先回りをやめ、しっかりと向き合って望ましくない行動を減らす」ことで、「治療機関への受診をうまく勧める」ことができるようになることが研究によって知られています。米国での報告では、治療を拒否しているアルコール・薬物患者の家族がCRAFT心理療法受けたところ、なんと64から86%もの患者が受診するに至ったのです。

 摂食障害でその様な試みがされたとの報告はありませんが、本院では経験のある、ひきこもりのCRAFT治療者によって、ひきこもりだけではなく、摂食障害のご家族にもCRAFT療法を行っており、治療に結びつけています。さらに重要なことがあります。CRAFT療法の最後の段階は患者さん自身の受診であり、それに向けての準備です。そこで適切な治療を行える治療機関を見つけることが最も重要です。本院は、摂食障害に対してこれまで数多くの治療経験・実績があります。

 ところで、摂食障害のご家族へのCRAFT心理療法の治療成績の発表はこれまで見当たりません。ですので、本院での実績発表にも是非、ご協力をお願い申し上げます。

お気軽にご予約・お問い合わせください。 TEL 06-6645-1455 診療時間以外はメールでお問合せ下さい。

Copyright (c) 2017 Mental Health Clinic of Dr. Nagata, All rights reserved.

診療案内

診療科目

■心療内科
■精神科
■精神療法
 (カウンセリング)
■児童・思春期外来

診療日

診療時間
  10:00〜13:00
  15:00〜19:00

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

問診票ダウンロード

所在地

大きな地図で見る

〒542-0076
大阪市中央区難波(なんば) 3-5-8
三栄御堂筋ビル3F
TEL : 06-6645-1455

リーフレット

院長がVTR出演しました

関西テレビ
「スーパーニュースアンカー」にて
社会不安障害について説明いたしました。 (2015/01/19放送)


Copyright © 2017 なんば・ながたメンタルクリニック All Rights Reserved.